最近考えていることについて

最も楽に人生を生きる方法はどういうものかと、考えてみました。

やはり、専業主婦というのは、最高の生き方ではないかと思います。

一般の人々は社会のなかで、労働をしてお金を稼がないと生活できません。

しかし、専業主婦については、例外的に、会社などに属して仕事をしなくても、

生きていくことができるからです。家事が仕事になるのかもしれませんが、

そのプレッシャーは社会に出て働いている人とは比較にならないくらい小さいと思います。

自分も、できることなら、専業主婦(夫)になってみたいと思います。

しかし、なかなか条件がそろわないとなることはできません。

自分は就職してから、ずっと働きづめで、正直言って精神的にきつい状態にあります。

そういったなかでも、なんとか前向きに生きようと、日々がんばっています。

サラリーマンの人々は多くがそういう状態にあるのではないでしょうか。

できることならなるべく楽をして生きて生きたい。

人間であれば当然そういったことを考えると思います。

しかし、なかなかそう簡単に楽をすることはできません。

人生と言うのは、苦労の連続だからです。だからこそ、

毎日を楽しむコツが必要なのではないかと思います。

苦しみを楽しむ、そういったことが最近ができるようになってきました。

何か悟りを開いたような、そんな心境です。

いつ何があっても平静でいられること、それが今の自分の目標としていることです。

なかなか簡単にはいかないと思いますが、がんばっていきたいと思います。

business_eigyou_man

ビル清掃の会社によるスピードは大切

建物を利用している方々は、しばしば急いで掃除を行いたいと思っています。

それだけに、ビル清掃やメンテナンスの会社に対しては

スピードが求められている傾向があるのです。

例えば、誰か大事なクライアントの方が訪問するような時ですね。

時にはクライアントの方が自社ビルに来て、

ミーティングなどを行う事もあるでしょう。

そして大事な取引先なのですから、

あまり汚れているビルなどは見せたくないものです。

しかもクライアントが来る日時が、かなり迫ってきているとしましょう。

そのような時には、一生懸命急いで自力で掃除を行う方法もあります。

しかし自力の方法は、かなり時間がかかるのですね。

ビルの中には自力の清掃が難しい箇所もありますので、

相当な時間がかかってしまう事もあります。

ところがビル清掃の会社の中には、非常に

スピーディーに作業を行ってくれる所もあるのですね。

実際ある清掃会社などは、公式サイトにて迅速に

対応する等とアピールをしているのですが。

また清掃会社を利用している方々は、しばしば口コミを投稿しています。

その内容を見てみると、「とても作業が早かったです」等と

投稿されている事もあるのですね。

つまりその清掃業者に対しては、やはりスピードは求められる訳です。

それぞれの会社によってスピードも異なるので、

色々な会社から見積もりを取ってみると良いでしょう。

生協のカタログを見て一目惚れした物

生協の一つのグリーンコープに加入していて、
カタログから食品などを注文して毎週配達してもらっています。

基本的に野菜なら無農薬お肉なら産直、その他の物なら無添加など
安全な物を扱っているので金額が高いので一度にたくさんは(>_<)購入出来ず、
他のスーパーで買うこともあるので毎週少しずつの注文ですが、
今週分のカタログと注文書が届いたので早速( ..)φ…目を通しました。

いつもはあまり興味がないからさらっと目を通すだけの
衣類や便利品の所で(・_・;)目がとまりました。

もむねると言う、ひざ肉を引き締めると言うサポーターがありました。

太ももをモミモミする太もも用サポーターを着けて寝るだけで
寝ている間にたるんだひざ肉を引き締めてくれるサポーターのようです。

税込み2000円ちょっとするんですが、元々下半身は太めで
妊娠出産で更に(;一_一)太くなってしまいました。

太ももとひざの上に乗ったお肉は特に気にしているんです。

でも、その部分を引き締めるのって(>_<)難しいんですよね。

そのサポーターが(?_?)どれだけ効果があるかはわかりません。

でも、なんだか(*^_^*)良さそうなんですよね。

夫に相談もなく早速注文書に書きました。

サポーターは良いとしても金額がばれたら<(`^´)>怒られそう。

でも、届くのが(^^♪楽しみです。

ランドセル選びは慎重に

子どもが幼稚園を卒業して小学校に入学となると
(^_^;)まず選ばなければいけないのがランドセルです。
ランドセルは頻繁に購入するものではないですし、
一度買ってしまうと小学校卒業までずっと使い続けるものなので、
買ってしまってから(>_<)失敗したということが
内容に(・_・;)慎重にいいものを選びたいものです。

いろんなお店でランドセルが販売されていますが、
私が最初にランドセルを見に行ったのは大型のスーパーや百貨店でした。
たくさんの商品が販売されていて、展示品が多くて
試しに背負って見ることも出来て大きなお店のメリットは感じたのですが、
ふと(?_?)思ったのは、他のお友達とも同じランドセルを
背負ってしまう可能性が
高いということでした。
みんながよく行くお店だと商品がかぶってしまい
(>_<)個性がなくなってしまうかもと思って、大型の店舗での購入はやめて、

とりあえずインターネットでランドセルのクチコミを書いているサイトを検索して、
実際に購入した人の意見を参考にしてみることにしました。
クチコミサイトを見てみると、良かった点、いまいちだった点
消費者の視点から詳細に記載されていてとても( ..)φ参考になりました。
また、ネット上にはランドセルの売れ筋、人気商品、価格別など
様々なカテゴリーで商品を分類されていて、
自分が求めるランドセルというものを簡単に抽出することが出来ました。
ランドセルのクチコミサイトで人気の商品で、大型店には販売されていない
メーカーのものを見つけたのですが、(>_<)さすがにそのままネットショップで
購入するというわけにもいかず、商品を実際に展示しているお店を
見つけて見に行きました。
ランドセルなどずっと身に付ける商品はやはり、一度試しに使って見ることが重要です。
背中へのフィット感などをしっかりと子どもに確認させて、
デザイン、質感も実際の材質を見比べることが重要です。
写真では(?_?)分からない素材の質感というものがあります。
私は実際に購入したのは店舗ですが、ランドセル選びにはインターネットも
活用して気に入った商品を実際に見てみるということが
(*^_^*)賢い購入方法だと思います。
手作りランドセルも人気が高いようです。

すべての血液型をO型に?

血液型といえば、日本では主に性格診断のイメージが強いのではないでしょうか。

A型は几帳面、B型はマイペースで自分勝手とかそーゆーのです。

私の知る範囲では確かに血液型による傾向のようなものがあるような気はしますが、

科学者の方々に言わせると「血液型と性格との

相関関係に科学的根拠は無い」のだそうです。

まあ、本気で血液型診断にのめりこんでいる人は極めて少数だとは思いますが。

その血液型について、面白い研究が行われているようです。

なんでも、すべての血液型をO型にしようというものだとか。

と言っても、別に全人類を一気に改造して

大雑把な性格に変えてしまおうとかいう事ではありません。

そもそも血液とは、体中に酸素などを巡らせるためのものです。

足りなくなると命に関わるために「輸血」という治療があるのですが、

血液型が違う同士の血を混ぜると固まってしまい、そのまま死にます。

ですが例外的に、O型の血液だけは

どの血液型に混ぜてもこの反応がおこらないため

適合する血液が無いような緊急時にはO型を輸血するというのが行われています。

だからその輸血用の血液をマルチに使えるO型に変えようと言う、そういう研究です。

A型の赤血球にはA型の糖分子、B型にはB型のもの、AB型なら両方持っており

この抗原が混ぜると危険な反応の原因な訳ですが、O型にはこれがありません。

なので反応が起こらない、と言うことです。

他の血液型をO型に変えるのは、これをチョン切って取り外すだけですから。

・・・言うまでもなく「だけ」と言っても、大変な苦労はあるのですが。

歯科の看板の設計

歯科医院の看板の設計は、専門的なデザイナーなどによって行われることが

多くなりつつあるとされています。このようにして、

専門的な技術を持つ人から歯科の看板が設計されることにより、

看板としての効果が最大限に引き出されるようになるのではないかと思います。

また、適切に看板を配置することにも関与するケースが多くなってきつつあると

みられているため、関心が強く向けられるようになり始めています。

このようにして、歯科の看板の設計や設置に関して、

外部に委託する実例は飛躍的に増加してきていると言えるのではないでしょうか。

また、このような動向は継続的に見受けられていくことが予測されているため、

多くの歯科医院で特徴的な看板が設置されるうになるのではないかと思います。

地域に関係なくこの動向が普遍的に確認されることにも期待が抱かれるように

なりつつあるとされていることから、

歯科における看板の設置方法が変化するものとみられています。

今後も専門的な業者やデザイナーによって、

歯科の看板の設置手法が模索されるようになっていくのではないか

と考えられています。現在では非常に多くの歯科医院が運営されるように

なってきているため、少しでも多くの患者に来院してもらえるように、

看板を効果的に設置していくことが希求されるでしょう。このような認識は

全国規模で持たれるようになると考えられており、

看板の設置の在り方が多方面で模索されるのではないかと思います。

お昼のお買い物で

こんにちは~!!今日はめずらしく八百屋さんへ買い物に行きました。夕ご飯の食材です。

「お母さん!そのお店に行くなら、私もついていきたい!」と子ども2人が言いました。

何か買いたいのかな?と思って連れて行きました。どうもソフトクリームが食べたかったらしいです。

飲食スペースで、カップやコーンのソフトクリームをほおばっていると、

「お母さん!わたし、使ってみたいシャンプーがあるの。」と子どもが言いました。

先日、誕生日プレゼントにシャンプーは買ったのですが他にもほしいのがあったのかな?と思いました。

すると、「昨日テレビのCMに流れていたシャンプーがほしいの。」というんです。

それから、「ソフトクリームがとけてしまうよ!食べてから、ひとまずおうちに帰って検索してみようよ!」

や「いやいや、先にスマホで検索しようよ。外に出ているついでに買いにいけるんじゃない?」

など話していました。スマホから検索してお店の電話番号が分かったので、すぐお電話しました。

「すいません。モイストダイアンというシャンプーのCMを見て、サイト検索して取り扱い店で

そちらのお店を知りました。在庫があるかチェックしていただいてもかまいませんか?」とたずねました。

すると、すぐかけ直してきてくださいました。「良かったね!商品あるって!!すぐ行くよ。」

ということで購入に行きました。ありがとうごうございます!

私は、八百屋へ季節はずれの白菜4分の1を買い求めて出かけたかったんです。

ところが、ソフトクリームになりシャンプーになって変形させながら帰宅しました。

人生ってどう転ぶか分からないな~って思った次第です。それでは、今日も楽しい1日をお過ごしください。

kaimono_kago

中古ビジネスフォンを大量購入するケース

会社がコールセンターを新たに開設するときなどは、大量のビジネスフォンが必要になってきます。

コールセンターで必要なのは一般電話ではなくて多機能がセールスポイントのビジネスフォンですから、

それなりの数を用意しておかなければなりません。

ただし、新品のビジネスフォンをたくさん用意するのは、間違いなくお金がかかってしまいます。

ただ、コールセンターでは確かにビジネスフォンが必要ですが、それが必ずしも新品で

なければいけないわけではないです。中には「最低限の機能さえ備わっていれば

どんなビジネスフォンでも良い」と考える会社もあるはずです。そんなときにうってつけなのが

中古ビジネスフォンです。

誰かが1度使ったビジネスフォンですから新品というわけではないのですが、だからといって

壊れていたりするわけでは決してありません。電話機能はもちろんのこと、その他の機能に

ついても不自由なく使うことができますので、マイナス点は誰かが1度使っているという点のみです。

そして、その分を差し引かれている中古ビジネスフォンは、価格がかなり安くなっています。

それが中古ビジネスフォン最大の強みで、安価で大量に購入したいと考えている会社に

とってはまさに渡りに船なのでえす。

コールセンターを新たに開設している会社はかなり多いですが、その経費を少しでも抑えるならば、

どういうビジネスフォンを購入すれば良いのかを考えなければならないですし、

探せば安いビジネスフォンがたくさんあるということです。

ファーストフード店での一コマ

先日、娘とファーストフード店に行きました。

2人とも、ハンバーガーとポテトとドリンクを頼みました。

娘は、ドリンクはコーラにしたのですが、

私は、ドリンクをカフェラテにしました。

コーラは普通に出してくれたのですが、

カフェラテを準備しているときに、お砂糖、

ミルクはお付けしますか?と聞かれたので、

ちょっと考えました。

カフェラテだから、すでにミルクは入ってるよなあ。

追加でミルクを頼む人っているのかなあ。

そう思い、お砂糖もミルクもいらないですと返事をすると、

ミルクはすでに入ってます、と言われました。

なにか、マニュアルとアドリブが絶妙に絡んで、

よくわからない会話になったなと思いました。

ファーストフード店は、マニュアル化が完全に

出来上がっているのですが、

マニュアルにこだわりすぎると、

こういう会話になると思うので、

注意が必要かなと思いました。

Posted in

妹の結婚式で着物レンタルします

3か月後に迫る妹の結婚式で着物レンタルをしてみようかなと考えています。

最初はフォーマルドレスを考えていましたが、

着物を着る機会ってなかなかないですし、

良い機会だと思うのですよね。

幸い着付けは母にお願いできるのでその費用はかかりませんが、

問題は着物レンタル費用です。

結婚式場提携のドレスショップでゲストの着物レンタルもできる

そうなのですが、そこに頼むとなるとどうしても妹経由で

お願いすることになってしまいます。

別にお願いすること自体は良いのですが、

妹を通すことでその費用を持ってくれようとしちゃうのですよね。

その分、祝儀を多めにとしても反返しとか色々面倒くさいだろうし、

実費を渡そうとしても受け取ってくれなさそうだし、

だからと言って甘えるのは姉としてなんだか悪いしで、

結局、妹には気にしないように気に入ったデザインが

あったからと伝えることとして、

他のレンタルショップで自分で借りることにしました。

インターネットで調べてみると結構たくさんのレンタルショップが

ありました。ただ、レンタルとは言ってもそれなりに

費用もかかりますし、さすがに写真だけでは決められません。

行きやすそうな立地にあるレンタルショップをいくつか

ピックアップして巡ってみましたが、本当に立続けに

巡ってたくさんの着物の柄を見てきたので

何が何だかわからなくなってしまいました。

結局、選んだのは着物の柄云々ではなく、

家から結婚式場へのアクセスを考えて一番利用しやすい

位置にある店舗です。

その店舗の中で気に入った着物を選びました。

店舗立地で選ぶのだったら最初からそうすれば

良かったとも思いますが、いろんな着物を見たり

合わせたりするのは楽しかったので、

それはそれで良い経験だったと思います。

母と一緒に巡っていたので色々話したり、

教えてもらったりもできましたし、やっぱり着物って良いですよね。

せっかく母が着付けができるのだし、

これを機会にちょっと着付けも勉強してみようかな

と思う今日この頃です。

woman_okurimono