「ペットがいる生活」のススメ

カニンヘンダックスフンドが我が家にきてから、そろそろ5年がたちます。あっという間の5年でした。子供の頃から犬好きだった私ですが、結婚後はしばらく犬とは無縁の生活でした。犬を飼う事の大変さも分かっていたので、あまり積極的になれなかったのです。
そんな我が家になぜ犬がやってきたのか・・理由は3つありまず。

1・夫婦の会話が減ってきた!
子供がいない私達はまさにマンネリ夫婦です。これはヤバイっ!思いました。ペットがいれば会話も増えるし笑いも増えると考え、ペット飼う決意をしました。
2・最後まで面倒がみれる自信があった!
飼う以上は、最後まで看取ってあげないと可愛そうですよね。近年、フードや医療の向上により犬の寿命が延びたと言われています。当時40歳だった私は、「今だったらまだ大丈夫!最後まで面倒みてあげる事ができる!」自信がありました。自分の体に自信がないと犬も不幸になってしまいますから。
3・夫婦で犬好き!
私達夫婦の干支は犬です。犬好きな旦那さんにペットライフを経験させてあげたかったのです。共働きで昼間は家にいない為、躊躇していたペットです。面倒をみるのは私だと分かっていましたが、旦那さんの為に思い切って決断したのです。

今では、家族の一員である事はもちろんですが、ご近所さんの人気物であり大変可愛がられています。あの時に思い切って決断できてよかったと思っています。可愛いのは当然ですが、どこでもついてくるので邪魔になる事も多いですが、こんな所も愛おしいですよね。
こんな我が家の愛犬ですが、最近気になる症状があるのです。先日、急に背中を丸めて、痙攣(けいれん)しているみたいに震えだしたのです。
びっくりした私は、抱きかかえ背中をさすってあげました。もしかして“ヘルニア”かも?!とても焦りました。ダックスフンドは長い胴体を短い足で支えている為、ヘルニアにかかりやすい犬種なのです。

ヘルニアの主な症状
・急に歩かなくなる
・キャンと鳴いたり、触ると痛がる
・よたよた歩く
・背中を丸めて震えだす

一例ですが、こんな症状がでるそうです。心配になり、かかりつけの病院で相談。先生は大丈夫ですよ!と言ってくれたけれど、今後に不安を残す結果となりました。
ダックスフンドは陽気で活発な性格の犬種です。散歩や走る事も大好きです。ヘルニアにでもなって歩けなくなったら・・と考えると怖いですよね。今から出来るヘルニアの予防法をネットで調べて勉強しています・・

かけがえのないペットの存在。人間に対して“癒し”を与えてくれる事は間違いないでしょう。ただ、生き物である以上、飼い主はその命に責任をもたなければいけないですよね。
楽しい事もたくさんあります。想いでもたくさんできます。それと比例して、我慢する事や悲しい事もあるはずです。いい事も悪い事も覚悟のうえで飼わなければいけません。

いつか必ずくる「お別れ」の日。その日まで後悔しないよう精いっぱい可愛がってあげようと思っています。それがなによりの私からの恩返しですから!
169601s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。