バーゲンにときめかない

モノが売れない時代になって、バーゲンという言葉にときめきがなくなった。

いや、それはデフレのせいではなく、自身がオシャレに鈍感になった証拠なのだ。

以前はテレビCМで「バーゲン○×日から」と、

そごうだのパルコだの各ショップや量販店が告知していた。

それを観ると「あ、行かなきゃ」とわくわくしていたものだった。

もう服やバッグはいらない。最近は、そう思う。タンスを開ければ、

昔がんばって買った服が「肥し化」して眠っている。貧乏性だから、

「これを何とかできないか」とミシンで少々、

手を加えてリニューアルさせたりもする。

気に入って頻繁に着ていた服も、修繕してまた着られる状態にする。

案外、楽しいのだが、時間と労力を考えると、

今風のおニューを買うべきだろう。

しかしお金ではないのだ。廃物を利用して、地球環境にも優しい生活。

こんな人が増えているから、いつまでもデフレなんですね。

shopping_fasion