娘の一日が終わる

先日アメリカから交換留学を終えて帰ってきた、大学生の娘

すでにわが家の中では問題児として扱われ始めています。

アメリカと日本では「大学の前期・後期」というのが違うので、

こちらの後期が始まる9月ごろまでは、バイトをしたり、

留学の事後報告のために大学へ行ったりしてはいます。

しかし、そのほとんどは「サークル活動」に費やされているのです

(まったくもっていい生活です)。

しかも娘の入っているサークルは何やらアメリカンフットボール

いつも日本一を争っているような強豪校の「マネージメント」を

しているという事らしいのです。

「マネージャー」というとお茶を作ったり、用具の点検をしたり

というようなイメージがあります。

しかし、「日本一」にいつもからんでいるように

運動部のマネージメントは、どうも私たちの想像しているものとは

違うようです。娘によると、スポーツ用品会社と相談してい、

あたらしい「応援グッズ」を作る企画をしたり、

あちこちの会社へ行って後援のためのお金集めをしたりして

いるらしいのです。

また、試合の日にはスタジアムの外でグッズの販売なども

しなければならないという、まさに「広告代理店」のような

仕事らしいのです。そのため、大学まででも遠距離通学の上に、

さらに遠くまで行くことが多く、帰りも12時ごえがほとんどです。

昨日も朝行くときには「今日は絶対家でご飯を食べる」

と宣言して出ていきました。ところがやはり12時過ぎに

帰ってきました。妻が、部屋へあがろうとする娘に

「降りてこれるの?」と聞きました。娘は

「大丈夫、ご飯食べるから・・・」

と言って上がったまま、その格好でベッドに倒れこみ、

それで娘の今日一日は終わってしまっていました。

よくこんなので留学していたものだ、どんだけルームメイトに

迷惑をかけてきたことかと思うと、そのルームメイトがかわいそうに

思えて仕方がなくなってしまいました。

nikibi_girl