ホームページ作成に大事なテキストエディタのこと

ホームページ作成をするのにみなさんは(?_?)どのような
テキストエディタを使っているのでしょうか。
ViEmacsのように本気なエディタなのか、それともSublimeTextAtom
Bracketのような最近出てきて人気のある(^_^;)エディタなのでしょうか。
ホームページ作成の作業の大半はコードを書く仕事だと思います。
もちろん専業でデザイナー業務をできるというような人でなければの話です。
とはいえ、最近はデザインに求められているものがどんどん増えてきているので、
どのみちコードを書かなければデザインもできないということも多いでしょう。
先ほども書いたとおりにコードを書く仕事がとても(>_<)多いので、
効率の良いテキストエディタを使うというのはとても大事なことになってきます。
あるプログラマーは今後死ぬまでにかけるコード量を増やすために
Emacsに乗り換えたというようなことを本に書いていました。
それくらいホームページ作成において効率の良いテキストエディタを使うというのは
(*^_^*)大事なことです。
とはいえ、ViEmacs学習コストがとても高いテキストエディタです。
その代わり馴れてしまうとあらゆることをこなせますし、作業も早くなると言う話です。
早くなると言う話ですという言い方しかできないのは
わたしがViの派生エディタであるVimを使ったことしかないからです。
そして、普段はSublimeTextに大量のプラグインを入れてコードを(^_^;)書いています。
これまではCodaというMacの少々動作が重いテキストエディタを利用していました。
ですが、やはり(ーー;)重くて仕方がなかったんですね。

その前はまた別のテキストエディタを使っていたのですが
それも何かしらの理由があって乗り換えました。
ともかくCodaを卒業したわたしには軽快さがわたしは欲しかったんです。
そこで話題になっていたSublimeTextに乗り換えたところ、
いまの自分にぴったりの軽快さと機能だったんですね。
わたしは当分これを使っていくと思います。
ホームページ作成をやってらっしゃるかたでいままで同じテキストエディタしか
使ったことがないという人は色々なテキストエディタを試してみる
違う世界が見られるかもしれませんよ。

知り合いの大阪でホームページ制作をやっている方も、
ありとあらゆるテキストエディタを試しているようです。