北海道のマラソンは暑い?涼しい?

先日、毎年参加している北海道で開催されているマラソンに出場しました。

7月末というのに(・。・;20℃にも満たない気温で、霧雨の中での開催です。

私の種目は30㎞でしたが、おかげで自己ベストも更新でき、満足できる結果となりました。

この大会は真夏に行われる北海道マラソンの足慣らしとして、全国各地からの参加が(・_・;)増えています。

私は生まれてからずっと北海道育ちなので、マラソンは夏のスポーツだと思っていました。

冬は雪が積もって(>_<)走れないので…。 (^_^;)しかし、北海道以外は逆なんですよね~。
確かに真夏の東京や大阪でマラソンをしたら、((+_+))命に関わる危険性大です。
それに比べて、ここは北海道の中でも特別に涼しい場所なので、完走率も高かったようです。
ですが北海道マラソンの為の暑さ対策にはなりませんでした。

知らない人は北海道マラソンと聞くと、涼しい夏で快適に!(^^)!走れるね~! なんて思っている人も多いようですが、(ーー;)とんでもありません!

夏の札幌は30℃を超えることもありますし、北海道マラソンの日は決まって晴れるのです。
42キロという距離もさることながら、何よりも暑さをどう(>_<)耐えしのぐかが、完走のカギになる大会です。

制限時間が5時間ということもあり、昨年の完走率は78.9%で、10人中2人は棄権する((+_+))過酷な大会。

私も去年は意識(+o+)朦朧になりながらなんとか完走しましたが、悔いが残る結果でした。
しかし沿道の応援が暑く、ランナー冥利に尽きる